Columns

理事の仕事 – 創業期の楽しさ

「ビジネススクールの理事」という仕事は、全く初めてであり、とても新鮮な気持ちです。
まだまだ「立ち上げ」いわゆる創業の段階であり、バタバタしています。

受講生に、どういった価値をどれだけ提供するのか?
社会に、どういった形で貢献していくのか?
それに対して覚悟を決めて全力を尽くす。

そんな想いを持った方々と話していると無限に会話が続きます。

何も答えの無い中で、知恵を寄せ合い、それを行動に移す。
新しい何かが生み出されそうで本当に楽しみです。

こうしたい!ああしたい!
というビジョンはとても大切でありながら、それだけではどうにもならないのもまた事実。

どんなに素晴らしい理念を掲げようと、それに具体的な行動が伴わないことには意味がありません。
全員がそれを理解した上で、自身のタスクを粛々と実行していることが本当に素晴らしく、有難いと感じています。

受講生や、社会にとって価値のあるモノを提供するために。
今日も仕事に励みます!